医院ブログ

2018.08.20更新

まだまだ暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、当院では先日、多焦点眼内レンズの勉強会が行われましたpencil1

多焦点眼内レンズとは、白内障手術を行う際に眼の中に入れる眼内レンズの一種で、遠くと近くの両方に焦点を合わせることができ、術後、眼鏡なしで日常生活を過ごせるものですnico

従来の多焦点レンズは、遠方(5m以上)と近方(30~50㎝)の見え方を重視した設計になっており、中間(1~3m程度)が見にくいものが多かったのですが、今回紹介されたレンズは、近方はやや見にくいものの、中間距離~遠方がよく見えるレンズですleaf

中間距離~遠方がよく見えるレンズの為、近くはやや見にくい場合があり、人によっては、時々近用の眼鏡を使用する事がある様です。

ブレンドビジョンという、片眼を近方重視、もう片眼を遠方重視のレンズを挿入し、見え方をより良くする方法があるそうです。

様々なレンズの種類がある中で、患者様それぞれの生活スタイルに合ったレンズを使用し、手術後、快適な生活を送って頂きたいと思いますihi

投稿者:事務 K
         

  • ご相談はお気軽に 話しやすい雰囲気づくりを心がけておりますので、目に関するお悩みをお持ちの方、症状がひどくないけど気になる方はお気軽にご相談ください。093-472-6948 診療時間 9:00~12:30/14:00~17:30  火曜日は19:30 土曜は13:30まで 休診日:水曜・土曜午後 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
  • 中森眼科医院クリニックブログ Blog
  • ご相談はお気軽に 話しやすい雰囲気づくりを心がけておりますので、目に関するお悩みをお持ちの方、症状がひどくないけど気になる方はお気軽にご相談ください。診療時間 9:00~12:30/14:00~17:30  火曜日は19:30 土曜は13:30まで 休診日:水曜・土曜午後
  • footer_bn_telsp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
  • 中森眼科医院クリニックブログ Blog