日帰り硝子体手術

網膜に関連するさまざまな難疾患を治療可能とする
最新かつ高度な手術です

硝子体手術とは?

硝子体は目の中の中心にある無色透明なゼリー状の組織です。眼球内の大部分を満たしていて、眼球の形を保つとともに外部からのショックを吸収したり、免疫に関与していると言われています。

硝子体手術は、硝子体を切除し、網膜に処置を加えることで、さまざまな目の疾患を治療する手術です。

硝子体手術の適応疾患

糖尿病網膜症

糖尿病の3大合併症の一つです。進行すると硝子体出血(目の中の出血)、網膜剥離などを起こし視力が低下します。

網膜剥離

加齢や糖尿病、網膜裂孔や糖尿病網膜症の進行などさまざまな原因により網膜が剥がれてくる病気です。

硝子体出血

硝子体に出血した状態で視力低下を起こします。外傷や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などが原因となります。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈、網膜の血管が閉塞することにより網膜に出血する病気です。
黄斑浮腫、硝子体出血などを起こし視力が低下します。

黄斑前膜

網膜の中の視力に重要な部分である黄斑部に薄い膜が張り、物が歪んで見える病気です。

黄斑円孔

黄斑部に小さい穴が開き、中心部が見えなくなり視力が低下する病気です。

黄斑浮腫

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞など黄斑部に、血液成分が染み出てむくみが生じた状態です。

当院の日帰り硝子体手術の特徴

硝子体手術は、眼科領域の中で最も難しい手術の一つとされ、医師の高い医療技術が求められます。まだ実施医療機関自体が少ないのが現状です。

当院では、硝子体手術を日帰りで行っています。入院期間がないため、日常生活あるいは社会生活への影響が少なくて済みます。安全に行うために最新機器を導入しています。

日帰り硝子体手術の流れ

1術前検査

目の状態や、他の疾患の有無などを確認し、手術が問題なく行えるか、全身状態を含めたさまざまな検査を行います。白内障手術を同時に行う場合は、白内障手術に必要な検査も併せて実施します。

矢印

2手術当日

手術衣へ着替え、手術に備えて散瞳剤(瞳を広げる薬)などの点眼を数回行います。
血圧計や心電図モニターをつけ、患部を消毒した後に顔に清潔なカバーをかけて手術を行います。付き添いの方は、手術の様子をすべて隣のモニター室からご覧いただけます。
手術は局所麻酔で行います。時間は病気によって異なります。
手術後はリカバリー室でしばらく安静にしていただき、術後の注意事項などの説明を受けた後に帰宅となります。

矢印

3術後検診

手術の翌日は必ず、さらに1週間後、1カ月後など、必要に応じて検診に来ていただきます。視力が安定しているかどうか、合併症が起こっていないかなどの経過観察が必要なため必ず指示通りに検診を受ける必要があります。

日帰り硝子体手術の注意点

  • ※手術後から翌日の診療までは眼帯をしていただきます。ご自身で車を運転しての来院はご遠慮ください。
  • ※安全のためにもできる限り、付き添いの方とご一緒にご来院ください。
  • ※感染予防のため、手術後一週間は、入浴・洗顔・洗髪はできません。

手術費用(片眼)

白内障手術+硝子体手術 約38,000~47,000円
硝子体手術 約32,000~42,000円

※1割負担の場合。3割負担の場合は上記の3倍が費用目安となります。

  • ご相談はお気軽に 話しやすい雰囲気づくりを心がけておりますので、目に関するお悩みをお持ちの方、症状がひどくないけど気になる方はお気軽にご相談ください。093-472-6948 診療時間 9:00~12:30/14:00~17:30  火曜日は19:30 土曜は13:30まで 休診日:水曜・土曜午後 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
  • 中森眼科医院クリニックブログ Blog
  • ご相談はお気軽に 話しやすい雰囲気づくりを心がけておりますので、目に関するお悩みをお持ちの方、症状がひどくないけど気になる方はお気軽にご相談ください。診療時間 9:00~12:30/14:00~17:30  火曜日は19:30 土曜は13:30まで 休診日:水曜・土曜午後
  • footer_bn_telsp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
  • 中森眼科医院クリニックブログ Blog